トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

どっちを選ぶ?「生花祭壇作成の技術を身につけたい!」あなたがとるべき手段

「生花祭壇作成の技術を身につけたい!」って人に質問。

技術を身につけるために、あなたがとるべき手段って、どっちだと思います?

1.うまくいく方法を探る
2.失敗しない方法を探る


どっちを選ぶ?「生花祭壇作成の技術を身につけたい!」あなたがとるべきスタンス

「うまくいく方法」と「失敗しない方法」は、似ているようで全然違います。

この選択を間違っていると、あなたはいつまでたっても、どれだけキャリアを重ねても、技術が身につかないし成長もしません。

もし本気で「生花祭壇作成の技術を身につけたい!」と思っているなら、あなたがとるべき手段は、「2.失敗しない方法を探る」の一択です。

なぜなら、技術を身につけるうえで「失敗」って絶対に必要だからです。

誤解を恐れず言うと、失敗を通して「悔しい思い」とか「情けない思い」とか、「いろんなキズ」を負いながら身につけていくのが生花祭壇作成の技術です。

とはいえ、失敗することなくスマートに成長したい気持ちって、少なからずあると思います。でもね、失敗の中には、「技術の向上に必要なフィードバック」がたくさんあるんです。

だから、「生花祭壇作成の技術を身につけたい!」って人は、失敗を「誰にでもある経験」にとどめるのではなく、「学ぶ価値のある経験」に引き上げる必要があります。

生花祭壇作成で失敗するには、自分で行動しないといけませんよね。自分で手を動かし、汗をかき、試行錯誤してみる。たけどうまくいかない。その「途中経過」が失敗です。

多くの人が勘違いしていますが、失敗って「結果」ではなく「途中経過」なんです。

経過の先はどこにつながっているのかというと、「技術が身につくコト」につながっています!

つまり、失敗を「途中経過」ではなく「結果」と定義している人って、技術が身につく道を自ら閉ざしてるんですね。技術が身につかないのはセンスや能力がないからだと思い込んでいる人とかも同じ。

でも、これって、もったいなくない?

さっきも言ったけど、失敗の中には、「技術の向上に必要なフィードバック」がたくさんあるんです。

それなのに多くの人は、「うまくいく方法を探る」コトに尽力します。「うまくいく方法こそが答えの王道だ!」って感じがしますからね。

答えを聞ければ、無駄な失敗をしなくてよさそうだし、目的地に最短距離でたどり着けそうな気がするし、何より得した気分にもなれると思います。

でもね、技術を身につけたい人がうまくいく方法を探っても、進歩も成長もありません。だからやるだけ時間の無駄。むしろ絶対にやっちゃダメなコトなんです。

なぜ、うまくいく方法を探るのがいけないのかというと、「自分で手を動かさずに、汗をかくこともなく、試行錯誤もせず」に情報収集だけで完結するからです。

例えば、「うまくいく方法を聞く」⇒「実際にやってみる」というプロセスがあるとします。

でも実際にやってみてうまくいく?

いかないでしょ?

ていうか、「実際にやってみる」人も、祭壇の仕事が入ったときにやってるだけでしょ?

それって、「実際にやってみる」には入らないから。

そんな薄っぺらい、プロセスにすらなりえないプロセスを「結果」として処理しちゃダメなんですね。キャリアを重ねても技術が身についてない人って、プロセスをすっ飛ばしてる人なんです。

生花祭壇作成の技術を身につけるプロセスとは、自分で手を動かし、汗をかき、試行錯誤するコトです。

プロセスの中には失敗がたくさんあります。でもね、失敗って、ホント宝の山。

生花祭壇作成で失敗ばかりしているのに、何のフィードバックもできていないのなら、あなたには「気づき」や「学び」を与えてくれる誰かのチカラが必要です。

なぜなら失敗には必ず理由があるからです。

偶然「うまくいく」コトはあっても、偶然「うまくいかない」なんてコトはありません。うまくいかないのは「必然」なんですよね。

「失敗しない方法を探る」って、なんだか消極的で得るものが少ないような感じがするかもしれません。でも実際は逆。学びや気づきがたくさんあります。







スポンサーサイト
コメント

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。