FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

生花祭壇講習の問い合わせをする前に考えて欲しいコト

クロヤです。

2017年も早いもんで6月。生花祭壇講習への問い合わせがいちばん多いのも夏の季節です。季節要因の理由はいろいろあるかと思います。

母の日も終わりほっと一息ついたところで、どれどれどうなのよ~的な感じですかね。うちもちょっと祭壇でもやってみるか、みたいな。

あえて言葉にしてみましたが・・・うん、この推論ざっくりしすぎですね・・・(汗)

生花祭壇講習の問い合わせをする前に考えて欲しいコト

生花祭壇講習の問い合わせを受け取った後、ウチの場合はメール⇒電話という順序でやりとりしています。やりとりの中身は生花祭壇講習の具体的なことや現状把握がメインテーマになります。

お互いに誤解や勘違いがないようにヒアリングを行うのですが、中には明らかに「やめたほうがいい」方もいらっしゃいます。やめたほうがいいというのは、生花祭壇講習そのものをです。なので、やめたほうがいい方には生花祭壇講習をお断りしています。

お断りの理由は単純明快。やりとりの中で、「こりゃ役に立てんな・・・」と強く確信できるからです。ウチの場合、どんな人の役に立てないのかというと、「主体性のない人」です。

教えてもらえさえすれば、オートマティックに技術が身につくと思い込んでいる。要は何もしない人のコトですね。主体性のない人は生花祭壇講習をやっても無駄!お金と時間を無駄にするだけです!!

10年前に比べて、生花祭壇作成の技術を教える人が増えた今だからこそ、改めて僕の口から言えるコトがあります。

お金を払うからといって自分は何もせず、他人に期待しても期待した結果にはなりませんよ。お金を払うからといって自分は何もせず、他人に期待しても期待した結果にはなりませんよ。

大切なことなので、2回言いました。肝に銘じておいてください。習い始めは威勢がいいけど、すぐに挫折した。。。そんな人も多いんじゃない?

困ったときに期待するべき人。それは他人ではなく自分です。困ったときにすぐに他人を当てにする人は、まず最初に期待するのを「他人ではなく自分」にしてみるのです。

方針転換は時として勇気を必要とすることもあります。とはいえ、このくらいの転換をサラリと出来ないようでは、生花祭壇作成だけではなく、サバイバルしていくチカラもなくなっていくんじゃない?

まずは自分たちでなんとかしてみようと行動していくことが大切です。その過程の中で、自分たちの頑張りだけでは限界を感じはじめたとき、他人のチカラを借りてみることを考えたほうがいいのです。

走るのは、僕ではなくあなた。

僕はあなたが少しでも早く遠くに走れるようになるためのお手伝いはできます。しかし、あなたに代わって走れるわけではありません。僕はあなたが今よりも力強く走れるようになるための伴走者でしかないのです。

まずは、あなた自身が少しでも自分のチカラで走れるようになってください。会ったこともない他人にいきなり期待しちゃダメです。あなたに主体性がない限り、誰に習っても、どんなにいい話を聞いても無駄。技術は身につきません

生花祭壇講習を考える前に、まずは自分たちの主体性を高めましょう。

その際に「効率よく」を最初に考えているようでは挫折します。効率のなんたるかもわかっていない状態で、効率の良さを考えてもうまくいかないのです。心当たりあるでしょ?効率の良さを手にできるのは、ずっと先の話です。

生花祭壇講習でも、あなたが最初に買うことが出来るのは効率ではなく覚悟なんです、きっと。

効率の良さは覚悟を伴った行動の先に手にするモノです。覚悟を伴った行動を積み重ねていくためにも、自分たちでなんとかしようという主体性は欠かせません。

今、生花祭壇講習を考えていらっしゃる方は、自分たちでなんとかしようと行動してきたかをもう一度振り返ってみてください。主体性のない状態で他人を当てにするのは危険です。

まずは自分に期待して、自分たちで頑張ってみましょう!主体性を伴った行動は、技術を身につけるコト以外の成長にも大きく寄与していくはずですから。







スポンサーサイト
コメント

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。