FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

経験を積んでも生花祭壇作成が上達していないなら、その経験は間違っている!

gorilla1.jpg

こんにちは、クロヤです。

生花祭壇奮闘記の長い長い夏休みが終わり、久しぶりにブログ再開しようと思います・・・(汗)

ホント久しぶりなので、過ぎ去る夏の名残に水着の美女の画像でも貼っておきますね(笑)


それでは生花祭壇奮闘記、始まるよ~~~



表題の件、経験を積み重ねても生花祭壇作成が上達していないのなら、その経験は間違っています。

間違った経験の延長線上で頑張っても、生花祭壇作成が上達することはありません。

人間誰しも自分が間違っているとは思いたくありません。しかし人間なので誰もが間違えます。

間違いは自分で気づかないことも結構ありますよね。その場合は、間違いを指摘してくれる「誰か」や「何か」が必要です。

もし身近に存在しなければ、人脈をたどったり新しい出会いを求めることによって、間違いを正していくしかありません。

仕事さえ続けていれば、生花祭壇作成もきっと上達するだろう。

仕事さえ続けていれば・・・。

希望を持つことは大切ですが、希望的観測は何も解決してくれません。

仕事を頑張って続けても、生花祭壇作成が上達するようにデザインされるわけではないのです。

僕たちは自分が傷つかないように、都合のいい妄想をたくさんします。さらにその妄想がいつか現実になるのではないかと信じて疑わなくなることだってあります。

コワイですね。。。

そもそもの問題として、生花祭壇作成の技術を身につけたいのに、仕事をこなすだけで上達しようという魂胆が甘いんです。

どのくらい甘いのかというと、ガムシロップに蜂蜜が入っているくらい甘い。もう甘すぎて甘すぎて、議論の余地すらありません(笑)

そんな甘々な奴に限って、生花祭壇の「挿し方」だけは人一倍知ろうとします。

「挿し方」という手法を追いかけて、「挿し方」という手法に振り回され、いろいろと知識が身についた割には全然上達していない人も割といます。

僕から見ると、挿し方だけを学ぶのはちょっと違うかなと感じています。本質とはちょっとズレてるのかなと。

確かに、生花祭壇作成の上達には「挿し方」という手法を知り、それらを身につけることが必要です。その部分は間違いではありません。

ただし「挿し方」は生花祭壇作成を上達させるためのセンターピンではありません。

野球のバッティングに例えるなら、素振りばかりしていてもダメだということです。

ヒットを打つには正しいスイング、「打ち方」を身につける必要があります。しかし、バッティングには選球眼というボールを「見る目」も必要です。

生花祭壇作成の上達のためには「挿し方」という手法も必要ですが、「見方」という見る目も必要です。

自分の挿したものを「見る目」が養われなければ、いくら優れた挿し方を知ってもそれが身につくことはないのです。

自分が挿した生花祭壇が上手くいっていない場合、当然ですが修正する、挿し直す必要があります。

でですね、生花祭壇作成における修正って実は3つしかないんですよ。

その3つとは、、、

1.高低
2.前後
3.左右


修正ってこの3つだけです。

そして修正する際に絶対にやらなければならないことがあります。

それは全体から逆算して修正してあげることです。1本1本とか部分部分で修正しても、まずうまくいきません。

修正って一言で言うと、完成予想図からの逆算です。

つまり挿し始める前に、自分の中に完成予想図を持っていないと修正の方向性に一貫性がなくなってしまうのです。

一貫性がなくなってしまうと時間がかかりまくるし、どれだけ時間をかけてもうまく仕上がりません。

生花祭壇作成。

「挿している途中の経過は後ろに下がって見よう」的なことを言われたことがある人もいるかと思います。

しかし、後ろに下がって見ていたとしても、ほとんどの人は今挿しているところしか見ようとしません。生花祭壇作成が上手くいっていない人ほど、その傾向は強いように感じます。

いくら後ろに下がって見ても、全体から逆算する見方が出来なければ、正しい見方なんて出来ないのです。

大切なのは全体です。部分ではありません。

この記事の冒頭に貼ってあった水着の美女の写真を覚えているでしょうか。

美女の横にはゴリラが写っています。気づきました?気付いていなかった方は戻って今すぐチェック↑

全体を見るってホント難しいことです。でも僕たち飾り手は全体を見ながら、全体から逆算して生花祭壇を作成していく必要があります。

自分の経験が間違っていると気付かないうちは、間違った結果しか生まれないのです。







スポンサーサイト
コメント

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。