トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

十数年の時を経て始まった生花祭壇講習

十数年の時を経て始まった生花祭壇講習

独立してから1年くらい経った頃のコトなので、もう10年以上も前の話。

十年ひと昔という言葉があるくらいなので、恥ずかしながら昔話の部類になります。

その当時、九花連大会で生花祭壇のデモをやりたいから、講師を引き受けてくれないかという依頼が舞い込んできました。

九花連大会というのは、九州で毎年行なわれる生花商組合の大きなイベントで、その年は佐賀で開催されました。

打ち合わせで話を聞いてみると、葬儀の花、祭壇の花といったものは過去の九花連大会においてはやったことがなく、当時が初めての試みでした。

個人的にも初めての試み的なことにはめっぽう弱いタイプで、自分に火がついた一因もそんなところにあったことも思い出しました。

そんな初めての企画で賛否はあったようですが、企画は大成功。

僕自身も300人とか400人とかの前で生花祭壇を作成できる貴重な機会をいただきました。

話は前後しますが、生花祭壇デモの打ち合わせでは2,3度佐賀を訪れました。その際、佐賀の生花商組合の方たちとたくさんお会いしました。

その中には企画にGOを出してくれた生花商組合の組合長もいました。花市場の会議室で名刺交換したことだけは、なぜだか鮮明に覚えていました。

あれから十数年、今年の2月より、当時の組合長が経営されている生花店から生花祭壇講習依頼がありました。

ヒアリングで話を伺うと、九花連大会当時から葬儀花の仕事はスタンド花をやるくらいで祭壇花はやっていなかったようです。

それが今年に入って新規の依頼があり、祭壇の花も本格的にやっていきたいとのこと。

出会いというのは、先々どんなふうに展開していくのかわからない神秘的なモノなんだなぁと感じた今回の出来事。

続けてきて良かった。

近い将来、葬儀花の世界でもぜひご活躍してください。







スポンサーサイト
コメント

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。