トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限の可能性のために

技術は手段です、目的ではありません。

生花祭壇作成の技術をがんばって身につけようとしているのは、その先にこそ本来の目的があるからですよね。

その先にあるコト・・・それは、

生花祭壇を「売る」というコト

「売れる」生花祭壇を提供していくというコト

売れる生花祭壇を「売り続けていく」というコト

そうすることで、これから先もビジネスを営み、サバイバルして、さらに営みを続けていくというコト

そのためにやるべきコト、それこそが「付加価値の創造」であり、高い技術力は付加価値の創造に大きな役割を果たすと思うわけです。

実際、葬儀ビジネスって狭い商圏での決まったパイの奪い合いって側面があるわけですよね。

そこで同業他社をライバルにしてしまうと「価格競争」のほうに向かいがちになるわけで。

自身を大資本だと定義していないのなら、価格競争だけは絶対に避けるべきだと思うわけです。

価格競争って結局は資本力が勝負ってことになっちゃいますし、行き着く先は「費用」を抑えるとか「原価」を下げるという「勘定」のことばかりを優先した仕事になっちゃうんじゃないですかね。

費用をいかに抑えるか、原価をいかに下げるか。

これらのテーマには必ず「限界」があります。

もうこれ以上は出来ないという水準が必ず見えてきますよね。

限定される可能性

限られた可能性の中でしか仕事が出来なくなるのは、とってもツライことだと思いますし、ツライのに可能性が限定されると仕事そのものがつまらなくなっちゃうんじゃないかと思うわけです。

つまらない仕事はつまらない成果しかもたらさないのではないか。

僕の思う費用や原価の追求の行き着く先って、そんな感じです。

ビジネスを営んでいくうえで「勘定」は大切なことではありますけど、僕的には最優先課題ではないってコト。

もっと大切なのは「勘定」よりも「感情」であり、「勘定」を満たすコトより先に「感情」を満たしてあげなければ、大切な「勘定」なんて満たせないんじゃないかってコト。

技術を身につける、付加価値を創造していくというコトは「感情」を満たしていくコトだと思うんですね。

実際、技術を身につけていく過程においても一筋縄ではいかない、一足飛びではたどり着けない、ツライコト盛りだくさんだったりするわけですけど。。。

でもツライコトの先には付加価値の創造という大きな楽しみがあり、付加価値の創造というテーマにおいては限界がないわけです。

無限の可能性

やっぱ仕事するならこっちでしょ!

無限に広がる可能性に向かって仕事をしていくことって僕的には楽しいコトだと思いますし、仕事が楽しくなってくると仕事そのものに責任や誇りが持てるようになりますしね。

楽しい仕事には喜ばしい成果がついてくるのではないかと。

僕の思う付加価値の創造への追求って、そんな感じです。

本当の仕事の楽しみって、ツライコトの先にしかないんじゃないの??

その先にだけ、お子ちゃまには到底味わうことが出来ない、大人だけが味わうことが出来る本物の喜びがあるんじゃないのかなって思うわけです。

技術を身につけるコト

それは単なる手段ではありますが、それが付加価値の創造につながり、付加価値の創造への追求が無限の可能性がある未来へとつながっていく。

定期講習で地味なコトをがんばっている方たちは、その地味なことの先に無限の可能性がある未来が広がっているわけですね。

うん。

ツライっていいな~、やがて乗り越えるんだな~、うらやましいっす(笑)

えっ、!?

うらめしいのかい??

その先にも無限の可能性がある未来があるから、きっと。


スポンサーサイト

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。