FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭壇金額で何が買える?

昔の記事にも書いたことがあるんですが、
生花祭壇というのは、葬儀社からの花代の発注金額ではなく、
あくまでも喪家が葬儀社に支払う金額を重視するべきだという持論が私にはあります。

仮に葬儀社からの発注金額が少ないと感じても、
喪家が支払っている祭壇金額というのは安くはないという意識を持つことって大切なことだと思うんですよね。

そうは言っても、仕事花をやっているとやっぱり実際の花代のほうに意識が傾きがちになることも。

それではマズイということで世間に視野を広げてみませんか?

世間では、喪家が葬儀社に支払う祭壇金額で何が買えるのか!?

例えば、祭壇金額の100万円でどんなお買い物が出来るのかを自分なりに考えてみました。

100万円あれば、車は買えますよね。
(ホント相変わらずの浅はかで申し訳ない・・・)

新車やエコカー、軽自動車は厳しいかもしれませんけど、中古の普通乗用車ならいけるでしょ?

中古でもすぐに壊れたりするようなこともないんじゃないかと。

ここが最も大切なポイントのような気がするんですけど、祭壇は通夜・葬儀のたいてい一泊二日でしょ?

中古車を買って一泊二日で廃車にするような人がいるのか?
または一泊二日で廃車になるようなものを売るお店が存在するのか?

そんなふうに金額と時間軸の両輪で考えると、
100万円の生花祭壇がどれほどの価値であるべきか、
高い付加価値を持ったものでなければならないかということですよね。

それが50万円、30万円であっても、たとえ10万円の生花祭壇であっても、
短い時間軸の中にある商品としては、付加価値の高いものでなければいけないんだと思います。

今日創って明日には消えていく。
生花祭壇というのは、本当に儚い商品だと思います。

感謝せずに、努力せずにはいられませんよね。
スポンサーサイト

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。