トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷つくのは怖くない

生花祭壇作成の技術向上のため、日々練習を重ねていらっしゃる方も多いと思います。

自分にもそんな時代がありました。
かれこれ15年ほど前の古い話なんですけどね。

練習をやってもやっても、なかなか上達しない。

一生懸命やっているのにホント恥ずかしい、ホント情けない、ホント不甲斐ない。

出来ないという結果を突きつけられる毎日を過ごし、心は傷だらけだったように思います。

でも、傷つくってことは、自身の力不足を否応なしに認めていることだと15年後の自分は思うんですよね。

自身の現状を認めてこそ新たに気づくこともあるんだよ。
(ってなことを15年前の自分に語りかけてみる)

だからあの時に傷ついてて良かったんだと思います。

力不足の自分を受け入れてくれた当時のお客様には本当に感謝していますが、
自分の力不足をけちょんけちょんに叱ってくれたお客様にも心から感謝していますよ。

あの時は本当にありがとうございました。

もし、あの時に傷つくことを恐れ、傷つくことから逃げていたら。。。

もし、あの時に格好をつけて技術の向上に一生懸命に取り組んでないふりをしていたら。。。

きっと今の自分は築けていなかったと思います。

傷つき、気づき、築く。

傷つくことは、新しい自分を築いていくためのパスポートのようなものかもしれませんね。

スポンサーサイト

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。