トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月2日に生まれて

2012年10月2日、ついに生後40周年を迎えることが出来ました。

いや~40歳ですよ。
すごいですよね、40年も生き延びてこれたなんて、ホント奇跡的なことだと思ってます。

そんな奇跡のお祝いに、家族でおいしいものを食べに行ってきました。

最初は、おいしいピザを食べようとお店に向かったのですが、
混雑してるし外にもお客さんが待っているので、即諦めて焼肉に切り替えました。

40歳の胃袋事情

なんだか切ないサブタイトルになってしまいましたが、
今の胃袋事情は10年前とは明らかに違いますね、悲しいくらいにね。

最近は食べ過ぎるとすぐ症状に出ちゃうんです。

自分の場合は、下痢気味になるんですよね。

今日も焼肉をおいしくいただいた後の1時間で、
トイレに3回かけ込んで、やっとおなかが落ち着くといった感じです。

そんなふうになると分かっていても食べ過ぎちゃうのが習慣の魔物でもあるんですね。

相変わらずタレはベロベロつけちゃう

子供のころから憧れた焼肉。今でもなお魅力的な焼肉。

「ジュウジュウと焼きあがったお肉をタレの中でたっぷりと泳がせてから、食す」

この食べ方こそがまさに憧れの焼肉を口にする時の自身の流儀だったわけですが・・・

40歳の胃袋には、ちょっときつくなってきましてねぇ。

最後までもたない。

いや20代の時も30代の時もおなかが張り裂けるほど食べてはいたんですが、
食べ終わった後のへたれ方が上記のような情けない有様なわけですよ。

「タレベロベロ」の卒業の日が近づいてきていることだけは今日はっきりと分かりました。

やはり無常であるということなんでしょうね

食が細くなってくるということは、
ちょっと寂しいことではあるんですが、その分燃費は良くなっているんですよね。

きっと食べられることのありがたさも、昔よりは感じているはず。

何かを手にして何かを失う、何かを失い何かを手にする。

そういった大小さまざまな無常を経験しながら、人間は年を重ねていくんですよね、きっと。

そう、起こったことは受け入れるしかないのだ。

そして新たな焼肉流儀を確立していけばいい。

40歳、ばんざ~い!!

スポンサーサイト

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。